パソコン修理 福岡|出張サポートのT&MPCサービス福岡

福岡市とその近郊で、パソコンの設定、故障、修理、動作不良などパソコンにまつわる事柄を出張サポートで解決しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ローカルディスク(C:)が赤くなっている。

Cドライブの空きがなくなったため、CドライブからDドライブへ、いくつかのソフトを移動したが、その中の一つが起動できない。
Dドライブは800GBの空きがあるので、これを利用して、Cドライブの空きを増やすことはできないだろうかという相談を受けた。

依頼人宅へ伺ってパソコンを見せてもらった。
Windows7が動いている。
エクスプローラーを開くとCドライブが赤くなっていた。
100GBほどの容量のうち、残りが2MBほどになっている。
この空き容量ではエクスプローラーは起動できても他のソフトのほとんどは動かないだろう。
少し空き容量を増やしてやる必要がある。

そこでまず、ゴミ箱を開いてみた。
空っぽである。
インターネットのキャッシュを削除することを考えたがインターネットオプションは開かない。
ディスクのクリーンアップというソフトが用意されているがこれも空き容量がほとんどなくなってしまうとつかえない。
Cドライブには\tempというフォルダがあったので開いてみたが空っぽであった。

依頼人は友人から電話で指導されてここまではやってみたそうだ。
そこで、\Windows\tempフォルダを開いてみた。
多数のファイルとフォルダがあったのでまとめて削除した。
依頼人は削除して大丈夫かといったが、このフォルダの中身は一時ファイルなので今回のようなときは削除もやむを得ない。

これで空きが1GB強になった。
インターネットエクスプローラーでソフトをダウンロードできるようになったので、パーティションマスターを使って、ハードディスクの容量を変更することにした。

参考ページ パーティションを管理できるフリーソフト パーティションマスター

このページを見せながら依頼人に作業をさせた。
まず、Dドライブを好きなだけ縮小する。
終わったら、こんどはCドライブをDドライブの縮小で空いた分、拡大する。
いたって簡単である。

設定が済んだら、パーティションの変更ボタンをクリックする。
パソコンが再起動して、パーティションの変更作業が実施される。
今回は20分ほどで終わった。

パソコンを再起動してエクスプローラー開いてみた。
Cドライブには400GBの空き容量ができていた。

Dドライブに移動して動かなくなったソフトだが、これはタスクバーにあるアイコンをクリックしたら指定された場所にソフトがないというエラーが出ただけだった。
これはエクスプローラを開いて、移動先のフォルダにあるアプリケーションを実行し、依頼人に「このソフトで間違いないか」と確認した後で、タスクバーにピン止めした。

今までにもCドライブの空き容量不足で困っている人はたくさん見かけた。
問題が顕在化する前にインターネットなどで対策を調べておこう。

参考ページ 空き容量を増やせ! システムドライブをスリムにする
スポンサーサイト
  1. 2015/09/01(火) 20:36:44|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows7のタスクバーがフリーズ

Windows7のタスクバーがフリーズして、スタートボタンが使えないので調べてほしいという依頼を受けた。
パソコンが起動し、デスクトップが表示され、スタートアップに登録されたソフトが起動し終わったタイミングでタスクバーがフリーズしているようだ。

Windowsキーを押すとスタートメニューが表示される。
しかし、メニューをクリックしても反応がない。
キーボードショートカットを使って起動したソフト、例えばタスクマネージャーなどもフリーズしている。
デスクトップ上のアイコンからはソフトを起動できる。

タスクバーのフリーズを解除するには、Ctrl+Alt+Deleteを押して表示される画面でキャンセルをクリックする。
すると、タスクバーのフリーズは解除される。
以後、再起動するまでは正常に使用できるようになる。

ここまで見てきて、多分ハードの障害が原因ではないだろうと思った。
ただ、依頼人のリクエストがあったので、ハードディスクの状態をチェックするソフトをインストールしてみた。
診断結果は予想通り、正常を示した。

迷惑ソフトが動作している可能性も考えてみた。
システム構成(msconfig.exe)を開いて、スタートアップをのぞいてみたがこれといって怪しげなものは見られなかった。

スタートメニューに表示されているソフトも問題はなさそうである。
コントロールパネルからインストールされているソフトを見たが同様だ。
依頼人はこのパソコンを購入してからほとんど使用しておらず、購入後にインストールされたソフトといえばNTTの光回線を利用するようになった時にインストールされたソフトだけのようである。

さて困った。
とりあえず、システムの構成を使ってスタートアップに登録されたプログラムをすべて無効にし、サービスもマイクロソフトのサービス以外をすべて無効にして再起動してみた。
いわゆるクリーンブートであるが、変わらず起動後にタスクバーがフリーズする。

依頼人に聞いてみた。
するとこの現象が起きるようになったのはひと月ほど前だといわれた。
そこでシステムの復元を試みることにした。
システムの復元ポイントの日付を確認していて妙なことに気がついた。
このパソコンでは4年ほど前からWindowsの更新が行われていない。
システムの復元は後回しにして、Windowsの更新を試してみることにした。
これでタスクバーのフリーズ問題が解決する可能性があると思ったからである。

しかし、Windowsの更新は実行できなかった。
必要なサービスが実行されていません。再起動してくださいというメッセージが表示された。
厄介なことになった。

Windowsの更新はとりあえず諦めて、ひと月ほど前の復元ポイントを選んで、システムの復元を実行してみた。
ほとんど使われていないパソコンだけあって、システムの復元は短時間で終わった。

しかし、タスクバーのフリーズは解消しない。
依頼人に再度確認した。
今度は問題が起きたのがひと月前だったかはっきりしないといわれた。

次にWindowsの更新に必要なサービスを手動で再起動してみた。
しかし、前回と同じエラーが表示される。

そこで、Windows7のサービス全体を初期化してみた。
しかし、Windowsの更新は実行できない。

次にもっと古い復元ポイントを選んでシステムの復元を試みることにした。
2年以上前の日付である。
これはNTTの光回線を使い始めたときの日付だ。

しかし、相変わらずタスクバーはフリーズする。

さてどうしよう。
インターネットでみつかる事例は最近のWindowsの更新で起きたタスクバーの障害ばかりである。
4年間、Windowsの更新は実行されていないのだから、参考にならない。

依頼人は普段使うのには困らないからといい始めた。

そこで最後に、タスクバーが壊れてしまった時に行う方法を試してみた。
HKEY_CURRENT_USER \Software \Microsoft \Windows 
\CurrentVersion \Explorer \StuckRects2

この2行は連続している。

このStuckRects2というキーを削除してパソコンを再起動する。
再起動時にStuckRects2というキーが作成されるらしい。

しかし、効果はなかった。そう思った。

依頼人から時間切れを宣告されたので、再挑戦を約束して引き上げた。

この後もいろいろ忙しくこの問題を調べる暇はなかった。
しかし、意外なことにこの作業を行った翌日、依頼人からタスクバーはフリーズしなくなったという連絡をもらった。

どうやら、最後に行ったStuckRects2の削除の効果があったらしい。
しかし、Windowsの更新ができない問題は解決していない。
こちらのほうが重要な問題だと依頼人に言ってみたのだが気にしてもらえなかった。

コラムの第10弾です。
[パソコン(PC)のネットが遅くなる原因は?ネット速度が遅いときに試したい8つの改善策]
  1. 2015/07/17(金) 10:11:35|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アダルトサイトで「ご契約ありがとう」の表示を見て、電話してしまった。

 朝、9時の始業を迎えてすぐに、なじみのお客さんから緊急よびだしがかかりました。
「実は嫁さんが海外に出かけていて…」というセリフで、話は始まりました。
どうも肌色多めの画像を見たようです。

そのあたりで話を打ち切ってお客さん宅を訪問することにしました。
ここしばらくこの手のサポートを依頼されていませんでした。
ですので、今までのようにパソコンを起動すると「ご契約ありがとうございいます」という画面がでて、消し方が分からずに困っているのだろうと思ったのですが少し違っていました。

お客さんのパソコンを起動してみましたが何も変わった画面は表示されません。
そこで、話をもっと詳しく聞いてみることにしました。

お客さんはパソコンの画面に表示されたものをメモしていました。
そこには「ご契約ありがとうございいます。これ以降の連絡は以下の電話番号でお願いします」と書かれています。
お客さんは驚いて、その番号に電話し、契約などするつもりはなかったと言ったらしいのです。

これはまずいですね。相手に電話番号がばれてしまったと思います。
お客さんは私にどうすればいいかというので、私は契約は成立していないので、無効でありお金を払う必要はないと言いました。
次にお客さんが実際に見たという契約画面を見せてもらうことにしました。
しかし、お客さんは自分がどうやって誘導されたか思い出せません。
そこでブラウザの履歴を見ました。

そこには、解約手続きのページ、契約のページなどがありました。
解約手続きのページには、法的手続きについてなどこけおどしが書かれています。
他には連絡のためと称して、メールアドレスを入力して、送信するフォームがあるだけです。
相手先が分かる情報はどこにも書かれていません。
足がつくのを恐れているのでしょう。

お客さんには、こちら側から連絡を取ろうとしてはならないことを伝えました。
また、弁護士の知り合いがいるとおっしゃったので、もし、相手から訴訟を起こすといわれた場合には弁護士に任せることにしているというようにアドバイスしました。

この後、ウイルスチェックを実施しましたがパソコンには異常は起きていないようでした。
今回はこれで引き上げることにしました。

私のお客さんが遭遇した出来事は一般にワンクリック詐欺と呼ばれています。
もし今回と同じような画面に遭遇した場合にはメールや電話で連絡を取ろうとしてはいけません。
無視することが大事です。
何もしなければ相手に自分の個人情報が伝わることはありません。

コラムを書いています。
よろしければこちらもあわせてお読みください。

コラムの第9弾です。
PCのネットワークトラブルを回避!IPアドレス・DHCP・DNSの基礎知識

パソコンの豆知識を集めて公開しています。
T&MPCサービスのパソコン豆知識集
  1. 2015/06/22(月) 17:20:21|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スクリプトエラーが次々表示されてパソコンが使えない

パソコンの画面に次から次にスクリプトエラーの表示が出て、使えないので何とかしてほしいという依頼を受けました。
インターネットを使っているときにエラーが出るのかと聞いたらそうではないといわれました。
また、ここのところ覚えのないソフトの画面がよく表示されるといわれました。
この話を電話で伺った時点である程度原因が推測できました。
たぶん、パソコンは迷惑ソフトに侵入されており、そのソフトの誤動作により、エラーメッセージが表示されているのです。

依頼人宅を訪問してパソコンの様子を見せてもらいました。
起動して少しすると次々にスクリプトエラーの画面が表示されます。
これは右上の×ボタンをクリックすると消すことができます。

一通り消した後でクリーンブートの設定を行って、再起動しました。
するとスクリプトエラーは出ません。

コントロールパネルから「プログラムと機能」を開き、迷惑ソフトと思われるものを削除しました。
クリーンブートの設定を解除して再起動するとスクリプトエラーは出ません。
これで当初の依頼内容は解決できました。
しかし、迷惑ソフトは削除できたわけではないようで、インターネットエクスプローラーは妙な動きをしています。

ヤフーのトップページを使って検索を行い、リンクをクリックすると、新しいタブが開き、Javaの更新準備ができたとか、AdobeFlashPlayerの更新準備ができたと表示されます。
このためにリンク先を表示できません。
普通、正常に動作しているパソコンではこのような現象は起きません。

この時点ではこの問題の解決に長時間を要するとは考えていませんでした。
再度、クリーンブートを行ってみましたが上記と同じ現象が起きます。

アドオンなしのインターネットエクスプローラーを使っても同じです。
インターネットエクスプローラーをリセットしてみましたがやはり状況は変わりません。
次にUSBメモリーからポータブルのGoogleクロームを起動してみましたが同じ現象が起きます。
これには驚きました。

要するに、クリーンブートにもかかわらず何らかのソフトが動いていて、ブラウザの起動を監視しているということです。

この後しばらく、パソコンの中を手作業で調べて、関係しそうなソフトを削除してみましたが状況は変わりません。

USBメモリーから、ウイルス対策ソフトを起動してみました。
いくつかウイルスを見つけて、削除してくれました。
しかし状況は変わりません。

書いていませんでしたが依頼人のパソコンではセキュリテイ対策ソフトが動いていません。
ノートンインターネットセキュリティがインストールされているのですが動作していません。
必要なファイルが削除されているようです。

ここにいたってやむなく、システムの復元を実行することにしました。
なぜここまで実行しなかったかというと依頼人が今回の現象が起き始めた時期を記憶していなかったからです。
システムの復元にはかなりの時間がかかるので後回しにしたのです。

まず、依頼人のおぼろげな記憶に基づいて、今月のWindowsの更新前に戻してみました。
15分ほどで復元は終了しました。
再起動すると迷惑ソフトが次々に起動しています。

そこで、もっと前の日付に戻してみることにしました。
1年半前です。
復元ポイントがこれしかないのです。
この復元に40分ほどかかりました。
果てしなく長く感じられました。
再起動すると迷惑ソフトは起動しません。
インターネットも何ら問題はありません。

コントロールパネルから「プログラムと機能」を開いて確認しました。
怪しげなソフトは見あたりません。

最後にマイクロソフトセキュリティエッセンシャルをインストールし、スキャンを実行して問題がないことを確認しました。

もし、時間を使うことが許されたなら、ここに書いた以外にもいろいろ解決手法があったのですが現実にはそういうわけにもいきませんでした。

システムの復元で解決できたのは幸いでした。

パソコン関連のコラムを始めました。
コラムの第6弾です。フィッシングサイトや広告に騙されない!怪しいリンクの見分け方
http://bit.ly/1w6Ag8e


パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
サポート関連リンク集

FC2 Blog Ranking


  1. 2015/03/17(火) 13:13:16|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリンタの設定がうまくいかない。

パソコンの新規設定とプリンタの設定を依頼された。
富士通製のノートパソコンの設定は特にどうということもなく順調に終わった。マイクロソフトアカウントの設定に必要なパスワードもあらかじめ説明した上で作っておいてもらった。

行程の最後に無線LAN接続のプリンタ設定を行った。
エプソンのEP-806AWを箱からとりだしてパソコンのそばに置いた。
インクをセットし、ドライバソフトの設定を始めた。
ここで無線での接続に失敗した。
パソコンは無線LAN親機と問題なくつながっているし、こんなところで引っかかるとは思わなかった。
設定ソフトは無線LANを使用してプリンタの検索し始めたがしばらくしてプリンタは見つからなかったという報告をし、別の方法を試してみるようにとすすめてくれた。つぎにAOSSという方法を使ってみました。
プリンタの設定画面を操作した後、無線LAN親機のAOSSボタンを押してみた。
しばらく待ってみたが失敗に終わった。最後にプリンタ側でSSIDとパスワードを直接設定した。
これでもうまくいかない。
プリンタに無線LANの設定状況がわかるような書類を印刷させた。
その書類によると電波が混雑している可能性があるとあった。仕方がないので、善後策として、USB接続にするか有線LAN接続にするかを話し合っていると突然プリンタの設定画面にアンテナが3本たった。これを見てプリンタの設定をやり直した。
今回はうまくいった。
電波の混雑が解消したらしい。 2.4GHz帯の電波を使うと電波の障害が起きやすい。
今時だとほかの無線LANもたくさん存在しているし、この周波数では電子レンジや近距離通信用のBluetoothも電波障害の元となる。今回のように電波の障害が疑われるときにはinSSIDerという名前の無線LANの電波状況を調べるためのフリーソフトを使うと原因が把握しやすい。

パソコン関連のコラムを始めました。
コラムの第4弾です。「ウイルスに感染しています」広告に騙されない!偽セキュリティ対策ソフトの対処法
http://bit.ly/1xQ04Ga

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
サポート関連リンク集

FC2 Blog Ranking


  1. 2015/01/17(土) 15:12:50|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

一ノ谷博士

Author:一ノ谷博士
T&MPCサービス福岡へようこそ
福岡県糟屋郡須恵町に拠点を置くパソコン出張サポート専門店のブログです。
パソコンサポートの事例を中心に、関連ニュースや、豆知識を書いていきたいと思います。
T&MPCサービス福岡は福岡市を中心にパソコンサポート・修理を行っています。福岡市内と糟屋郡の方は出張料金は無料です。
パソコンのトラブルや故障・設定などでお困りの場合はまずは電話でご相談ください。迅速に対応します。

ホームページT&MPCサービス福岡
スマホ用ホームページT&MPCサービス福岡

福岡県糟屋郡須惠町上須恵1267-2ツインサンライズB201
TEL 092-410-6278
営業時間 9:00 - 21:00
定休日 不定休 (年末年始、お盆休み)

フリーエリア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
パソコンサポート (44)
パソコン豆知識 (29)
日記 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。