パソコン修理 福岡|出張サポートのT&MPCサービス福岡

福岡市とその近郊で、パソコンの設定、故障、修理、動作不良などパソコンにまつわる事柄を出張サポートで解決しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1台だけインターネットにつながらない。

パソコンがインターネットにつながらないという相談を電話で受けた。
IPアドレスが169から始まっているらしい。
こういうケースではパソコンがDHCPサーバーから適切なIPアドレスをもらえていないことを意味している。

依頼人は自分のパソコンに割り当てられているIPアドレスを調べる事ができるだけのスキルがあるようだ。
そこで状況をもう少し聞いてみた。

インターネットの回線はソフトバンクのADSLを利用している。
モデムとパソコンの間にはブロードバンドルーターがあり、今回問題が起きたパソコンを含めて、3台つながっている。
他の2台はインターネットに接続できる。

これだけの情報を得て、依頼人宅へ出張した。
パソコンは中国の方から譲り受けたものでショップで組み立てられたデスクトップのようだ。
私は電話で聞いた話から、インターネットに接続できないのはLANケーブルに問題があるからだろうと考えていた。
しかし、そのLANケーブルをノートパソコンにつないでみたところインターネットに接続できる。

問題が起きているパソコンではWindows7が動いている。
トラブルシューティングのプログラムを実行してみるとLANケーブルが接続されていないと表示される。
デバイスマネージャーで確認するとネットワークインターフェースカードは正常に動作していると表示された。

LANケーブルに問題がないらしいことと考え合わせてこれはLANの接続端子に問題があるのだろうという結論を出した。
この結論が正しいとは限らないが、依頼人宅からヤマダ電機までの距離が100メートル程度しか離れていないことを考慮して、USBタイプのLANアダプターを購入することにした。

購入した製品についてきたデバイスドライバーをインストールするとインターネットに接続できるようになった。

パソコンがインターネットに接続できないときにはとりあえず、LANケーブルの接続口をのぞいてみる。
ときどき端子が曲がっていたり、さびていたりする場合があるのだ。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
サポート関連リンク集

FC2 Blog Ranking


  1. 2014/12/01(月) 16:03:36|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある日のパソコンサポート(Win8.1ユーザーの依頼人の疑問に答えました。)

Win8.1を利用している方から聞きたいことがたまったので来訪してほしいといわれました。
初めての依頼を受けたのはWin8が動くはずのパソコンの初期設定です。

それからおよそ1年近い月日が流れています。
この間、いろいろな質問に電話で答えていました。
しかし、私の遠隔操作では解決できない問題が増えたと依頼人は思ったのでしょう。
お互い、顔をつきあわせながら、問題の解決を行うことになりました。

私としては状況が直接把握できるのでありがたいことです。

依頼人は私同様、会社から独立した個人事業主です。
しかし、以前の職場ではシステム管理者にあてがわれたパソコンで仕事をしていたようで、およそ、パソコンのリテラシーと呼べるようなものを持っていません。

というわけで、依頼人のメモを見ながら問題の解決を始めました。

1番目はヤフーのホームページで検索をする際に、日本語入力のため、キーボードの一番下にある「カタカナひらがなローマ字」をクリックすると「マイクロソフトのソフトを起動しようとしていますがよろしいですか」というメッセージが出るのですがどうしていいのかわからないという問題です。
この問題はメッセージの中に「次回からこのメッセージを出さないようにする」という項目があったのでこれを選択しました。
この問題の意味するところはよく理解できないのですがメッセージが出さえしなければ依頼人の心の安寧は保てるはずです。

2番目はヤフーを見ていると「パフォーマンスが低下しています。」というメッセージが表示されるのですがどうしたらいいかといわれました。
私はそのメッセージは表示されなかったものと思うように指示しました。
依頼人は「でも、パフォーマンスが低下しているんでしょう」と不安そうに私に言いましたがこの問題についてはわざと思いっきり尊大な態度で否定しました。
この話は長くなりますので割愛します。
要するに詐欺メッセージです。

こんなやつです。これはただの広告です。
PCのパフォーマンスが低下しています


3番目は仕事に使うためのファイルがメールで送られてくるのですがまともに表示できないし印刷もできないという問題です。
実はこの問題が私が招聘された最大の理由です。
この問題はおおむね想像できていました。
ファイルはPDFという形式でつくられたものです。
これを開くためには通常、アドビリーダーが一番適しているのですが依頼人のパソコンにはこのソフトがインストールされていませんでした。
というわけで、最新版のアドビリーダーをインストールすることによって問題を解決しました。
依頼人はPDF形式のファイルを会社員時代には使ったことがなかったそうです。

4番目にOnedriveについて、質問を受けました。
仕事で使っているファイルのバックアップに使いたいそうです。
これについては一度説明したからといって使いこなせるようになるとは思えなかったので、詳しい使い方が書かれたサイトを紹介した上で、それを参考にして解説をしました。
お気に入りバーに登録しました。

5番目はメールに添付されてきた圧縮ファイルの解凍の仕方ですがこれは以前、依頼人のパソコンを初期設定したときに解説しています。
依頼人は覚えがないといわれましたが、依頼人が使っているインターネットエクスプローラーのお気に入りバーに説明に利用したサイトが記録されていました。よくあることです。

最後に、依頼人が業務で利用するソフトの更新版のインストールです。
依頼人は自分でやると言われましたが、私が代行しました。
これが正解でした。
依頼人は横でずっと見ていましたが全然わからなかったと言われました。

この作業中、時折依頼人にかかってくる電話の会話で交わされる専門用語がまるで理解できませんでした。
依頼人はすごくかっこよく感じられました。
それぞれ得意分野があるということですね。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
サポート関連リンク集

FC2 Blog Ranking


  1. 2014/10/17(金) 11:17:12|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Win8.1の設定(テザリング使用)

Windows8.1をテザリング(携帯電話を無線LANのアクセスポイントとして使う)でインターネットに接続して使いたいので設定をお願いしたいという依頼を受けた。
テザリングに使うのはKYOSERAのDIGNO SだそうでOSはアンドロイドである。

設定は特に難しそうに思えなかったが依頼人のために設定のページを印刷して、持っていった。
参考記事 Wi-Fiテザリングの使い方

依頼人宅にうかがってパソコンに触る前にテザリングの設定をすませようと思ったら、依頼人は以前、一度設定したことがあるなどといってあっさり設定してしまった。

依頼人が設定を希望したパソコンはASUSのT100TAというやつだった。
設定といっても特にかわったことをする必要はない。
設定を開始すると無線LANの設定が画面にである。
ここで、DIGNO Sで設定したSSIDとパスコードを入力する。
問題なくインターネットに接続されたようだ。

つぎにマイクロソフトアカウントの新規設定を行う。
いつものように心の準備ができていない依頼人にパスワードを考えてもらう。
これが一番時間がかかるところである。

依頼人に対してパスワードの作り方のこつを教えるのだが依頼人は会社の従業員番号を使うと主張する。
依頼人は従業員番号なら他人にわかるはずがないので安心だというのだがあまりに無邪気な主張である。

会社の総務や経理の人間なら誰でもわかる従業員番号にセキュリティ上の秘匿性はない。
その上、従業員番号などというものはある種の規則性に基づいて割り振られるものだから一人分の番号がわかれば他の人の番号も簡単に推測できるといって、依頼人の主張は私から一刀両断されてしまった。

結局、パスワードは私の指導にしたがって、考えてもらった。

後はパソコンのいうとおりに作業は進行する。

最後にセキュリティコードを受信して入力すれば終わりである。
依頼人はパソコンのメールアドレスを持っていないので、スマホにマイクロソフトからセキュリティコードの入ったショートメールを送ってもらった。

設定はこちらが慣れたせいもあるが8よりも簡単になった気がする。
  1. 2014/08/15(金) 14:36:19|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコンの初期設定

 久しぶりにWindows7の初期設定を依頼されました。
依頼人宅を訪問してみるとDELLから送られてきたと思われる段ボールの箱が2個、床に置かれています。
周りには机が置かれ、その上にパソコンやらプリンタなどが何台もおかれています。

依頼内容は古くなったパソコンからデータを取り出して、新しいパソコンで使えるようにしてほしいということです。
パソコンを起動して、データとやらを見せてもらいましたがどうやら依頼人が提携している会社が作成したソフトが出力しているものです。
古いパソコンにはどうやってそのソフトを設定したか聞いてみると提携先の担当者が来てやったといわれました。
今でもその会社とは提携しているといわれたのでそのソフトとデータには手を出さないことにしました。

その古いパソコンを撤去して新しいパソコンを置くといわれたのでそのようにしました。
Windows7の初期設定といってもユーザー名とパスワードを入力する程度で特に何もすることはありません。
LANケーブルをつなげばインターネットにつながります。
デルのホームページが表示されたのでヤフーに変えました。

これで終わりかと思ったら、依頼人は撤去した古いパソコンでメールのやりとりをしていたので、それを別のパソコンでできるようにしたいといいだしました。別のパソコンというのは組み立てたばかりのDELLではありません。

設定に必要なメルアドはわかっているのですがパスワードはわかりません。
プロバイダから来ているはずの書類も見あたりません。
そこで撤去したばかりのパソコンを再度動くようにして、メールソフトからアカウントをエクスポートして、別のパソコンのメールソフトにインポートしました。

次はプリンタの設定です。
これは新しいパソコンに対してです。
プリンタは3台あります。

他のパソコンで調べてみたところUSB接続のプリンタが2台、残りの1台はネットワーク接続です。
それぞれドライバーソフトの入ったディスクがありましたので設定は順調に終わりました。

最後に別の部屋にあるMacをネットにつながるようにできないだろうかといわれましたがこれはもうパソコンの初期設定ではありません。

パソコンの初期設定といっても千差万別、それぞれ同じような作業ではありませんね。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
サポート関連リンク集

FC2 Blog Ranking


  1. 2014/07/17(木) 18:09:24|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印刷ができなくなった

ワードを使って文書を作ったので印刷をしようとしたがエラーが出て印刷できなかった。
印刷の設定に問題があるというエラーがでた。
意味がよくわからない。

パソコンはWindowsXPでインターネットは使わないようにするがしばらくの間はワープロがわりに使いたいので印刷ができるようにしてほしいという依頼を受けた。

依頼人宅を訪問してパソコンを起動するとタスクバーの右側、通知領域にハードディスクの空き領域が120KBしか残っていないという警告が出ていた。

印刷ができなくなったのはこれが原因である。
一般的な設定がされているパソコンでは印刷データを直接プリンタに送らず、一旦ハードディスクに保存する。
パソコンとプリンタの処理速度のちがいを吸収するためである。

というわけで、ハードディスクの空き領域を増やしさえすれば印刷ができなくなった問題は解決する。

タスクバーの通知領域にはディスククリーンアップを使用してみてはどうかと出ているがこのプログラムは実行しても正常に完了してくれない。
ディスククリーンアップはディスクの空き領域を増やす作業のために一定以上のハードディスクの空き領域を作業領域として必要とするのである。
120KBの空き領域ではまるで足りない。

今回はコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を使って使用していないソフトの削除を試みた。
この場合でも空き領域不足で削除に失敗する場合がある。
依頼人はインターネットを今後使用しないということであったからこれに関係するソフトをまず削除した。
Googleクローム、これが500MBほどある。
これを削除してから、パソコンの反応がかなり早くなった。
つぎに、iTunes、これが約200MB。
依頼人と相談しながらソフトを片っ端から削除した結果、空き領域が10GBほどになった。

ここで、ワードを立ち上げて、文書の印刷を試してみたが何の問題もなく印刷できた。

さて、依頼人はインターネットを今後使わないということなのでデスクトップパソコンの後ろからLANケーブルをはずした。
そうするとその作業を見ていた依頼人はインターネットを使わないためにはインターネットエクスプローラーを開かなければいいと思っていたといった。

インターネットエクスプローラーを開いてホームページが表示される場合はインターネットエクスプローラーを閉じていてもパソコンはインターネットにつながっている。
その証拠として、Windowsのセキュリティ更新やJavaの更新準備ができましたなどというお知らせがある。
これはパソコンが自動的にインターネットとやりとりをしているということを意味している。

WindowsXPをインターネットから切り離すためには有線LANの場合はケーブルを外す。
無線LANの場合はルータの電源を落とす。もしくはパソコン側の無線LAN機能を無効にするのがいいだろう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
サポート関連リンク集

FC2 Blog Ranking


  1. 2014/06/18(水) 11:03:13|
  2. パソコンサポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

一ノ谷博士

Author:一ノ谷博士
T&MPCサービス福岡へようこそ
福岡県糟屋郡須恵町に拠点を置くパソコン出張サポート専門店のブログです。
パソコンサポートの事例を中心に、関連ニュースや、豆知識を書いていきたいと思います。
T&MPCサービス福岡は福岡市を中心にパソコンサポート・修理を行っています。福岡市内と糟屋郡の方は出張料金は無料です。
パソコンのトラブルや故障・設定などでお困りの場合はまずは電話でご相談ください。迅速に対応します。

ホームページT&MPCサービス福岡
スマホ用ホームページT&MPCサービス福岡

福岡県糟屋郡須惠町上須恵1267-2ツインサンライズB201
TEL 092-410-6278
営業時間 9:00 - 21:00
定休日 不定休 (年末年始、お盆休み)

フリーエリア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
パソコンサポート (44)
パソコン豆知識 (29)
日記 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。